• 会員登録会員登録
  • ログインログイン
  • MENU
  • Twitter
  • facebook
  • Instagram
RENOMACHI CO-LABO
MENU
リノベーターズファイルリノベーターズファイル

従来のリソースやノウハウなどを活かしつつ、独創的なアイデアや仕事手法により、
新たな価値、サービス、ネットワークを生み出している人”リノベーター”を紹介するシリーズ。

File. 02
デザインは”愛”。
graf代表 服部滋樹さんの仕事術(後編)

インタビュー

File. 02
デザインは”愛”。
graf代表 服部滋樹さんの仕事術(後編)

シリーズ第2回目は、クリエイティブディレクターでありデザイナーであり、住宅リノベーションからイベント企画運営、地方創生プロジェクトなどにも携わり、一言で表せないほど多岐にわたるお仕事をされている、graf代表の服部さんをご紹介。
今のお仕事に至った経緯や、仕事への考え方など服部さんの魅力に迫ります。

リノベーター
服部滋樹(Shigeki HATTORI) / graf
 代表
1970年生まれ、大阪府出身。graf代表、クリエイティブディレクター、デザイナー。美大で彫刻を学んだ後、インテリアショップ、デザイン会社勤務を経て、1998年にインテリアショップで出会った友人たちとgrafを立ち上げる。建築、インテリアなどに関わるデザインや、ブランディングディレクションなどを手がけ、近年では地域再生などの社会活動にもその能力を発揮している。 京都造形芸術大学芸術学部情報デザイン学科教授。

graf(グラフ)とは?
大阪を拠点に家具の製造・販売、グラフィックデザイン、スペースデザイン、プロダクトデザイン、カフェの運営、食や音楽のイベント運営に至るまで生活にまつわる様々な要素をものづくりから考え実践しているクリエイティブユニット。中之島と家具工場のある豊中を拠点に、複数の業種から生まれるアイデアを実験的に試みながら、暮らしのための豊かさについて模索しています。近年では、生産者や販売者と生活者が新しい関係性を育む場づくりとしてのコミュニティ型プロジェクト「FANTASTIC MARKET」を始動させるなど、新たな活動領域を開拓しています。

公式HP http://www.graf-d3.com/
公式Facebook  https://www.facebook.com/graf.d3

大阪の中之島にgrafの事務所はあります

大阪の中之島にgrafの事務所はあります。1階はショップ


Index
【前編】(前回)

1. 「6人の少年探偵団から始まったgraf」― これまでの仕事の経歴
2. 「コンセプトはリサーチして見つけだすもの」― 現在の仕事の考え方
 
【後編】(この記事)
3. 「物事を俯瞰し、同じ価値観を持っている人とつながっていく」
―具体事例1 ▷瀬戸内経済文化圏
―具体事例2 ▷MUSUBU SHIGA

4.「grafのリノベーション」
5.「デザインとは、愛」― これからの仕事

3. 「物事を俯瞰し、同じ価値観を持っている人とつながっていく」―具体事例1
▷瀬戸内経済文化圏

服部さん「今、瀬戸内海にへばりついている都道府県11府県(和歌山・大阪・兵庫・岡山・広島・山口・福岡・大分・愛媛・香川・徳島)に散らばっている『瀬戸内経済文化圏』っていうチームを作っているんです。

(TOPページ)https://secr.jp/
(メンバーページ)https://secr.jp/about
 
メンバーは全員、僕らのようなクリエイティブな仕事をやっている人たちや、美術館や芸術祭を実行委員としてやっているような人たちなんですよ。

瀬戸内経済文化圏 兵庫編
イラストレーター 山内廣資さんに神戸の暮らしと新しいネットワーク構築について伺った

『山口からこんな依頼が来てるんだけどちょっと調査頼んでいい?』とかいって、現地に僕らと同じような価値観を持った子たちがつながっているので、連絡すると調査して送ってくれるんです。
WEBサイト制作でも僕らが現地に行くのではなく、現地の子たちに頼んでおくと『服部さんが好きそうな人見つけました!今回の写真家はこの人がいいんじゃないですか?』とか、『ライターこの人がいいんじゃない?』とかって出してくれて、そこから情報上げてもらってWEBをつくるとか。色んな人を連携させることを最近よくやっています。
 
また、瀬戸内11府県にいるメンバーがキュレーションしてその年のおもしろい連中を取材したりしていまして、サミットとか言いながら閑散とした商店街を会場にして11府県でサミットをやるのが今年3年目なんです。
一昨年は兵庫県の下町芸術祭、去年は愛媛県の道後オンセナート 2018、今年は岡山県でやることになっています。なので、西日本はだいたい網羅していて、鉄道会社や船の事業者の方たちもわりと賛同してくださっているので、年々動きやすくなってきていますね。」
 
服部さんが参加する、神戸市長やフェリシモなどの神戸の一流企業の人たちと開催している『神戸創生会議』というミーティングで服部さんが提唱したのは、『神戸は東京に向くべきじゃなくて瀬戸内に向くべきだ』という斬新なアイデア。
『瀬戸内のゲートシティ神戸』と掲げると神戸の位置づけがもっと見えてくるのでは、ということで、まず神戸からサミットがスタートしたという経緯があったのだそう。

― とはいえ、地域をまたいでつくっていくっていろんな調整が難しそうですね。

服部さん「そうなんですよ。ただ、地方では観光事業を盛り上げるのに困っているので、僕らが地域をまたいで実働で動いたりネタを紹介したり、さらにこの11府県のキーマンがそれぞれでコーディネートしてくれるんですね。

兵庫|PRODUCT 瀬戸内の入り口、兵庫の酒、塩、柑橘
https://secr.jp/product

具体的には、瀬戸内文化経済圏で11府県の瀬戸内のものをセレクトするプロジェクト「(https://secr.jp/product)」があるんですけど、瀬戸内経済文化圏でパッケージするってなった瞬間に百貨店が「うちで催事やってくれへんか?」となるんです。
 
企画としては『君たちの好きな酒上位5本、お菓子5個、土産物5個選んで』っていったら1府県で15個集まりますよね。それが×11なので、130商品集まると。
そしたら催事に出ることが普通にできちゃったりするんです。
だから価値をシェアすると、こういうことが起こるんですね。
 
今まで、限られた人が自分の収益になるように独り占めしていたことを、こうやって開放して考えていくと、すべてはつながって、いろんなことに広がっていくんですよね。
今そういう時代なんだと思うんです。
 
これを例に話していくと、いろんなことがネットワーク型でできるんじゃないかなと思ったりしています。
 
おもしろいことのつなぎ合わせで事業ってわりとうまく組み立てることができる。
 
組み立てができるのは、ネットワークのコンテンツがあること。
そして、コンテンツの前後にある関係性がすごく重要だと思っています。
 
僕はずっと、『コンテンツよりコンテクスト』って言っているんですね。
コンテクストが存在しないと、ビジネス自体も進まない。コンテンツだけっていうのは切り売りするようなものなのでコンテンツメーカーとかっていうのはあまりかもな、と思ったりして・・・。」

― 『コンテクスト』についてもう少し噛み砕いて教えていただけますか?

服部さん「コンテンツって言うと、例えば『食』っていうコンテンツがあります。
でも『食』っていうコンテンツだけではすべては成り立たないわけで、じゃあ誰が関わっているのかというと産業、農業、林業っていう風に、関わる相手がたくさんいるわけです。
そのコンテンツだけで関わる相手っていうとまだこれコンテクストにはなってなくて、誰がどんな風にどんな場所でつくっているか、ただそれだけですよね。
 
ただここに『健康』っていう関わりを含めます。すると『食』がどういう風に変化するかというと、オーガニックでつくっている人がこの中にいるのかっていう話だったり、オーガニックって話になると子育て世代がどういう風にこれを見るかみたいな話になったり、オーガニックって言った瞬間に郷土料理の話に飛んでいったりするわけです。

だから『健康』っていうコンテンツが親和性の高い状態で隣り合わせると、『コンテクスト』っていうのがぐわっと見えてくるようになるんですよね。そういうつくり方がすごく大事で、『食』だけだと目的ははっきりしてしまうんだけど、『健康』っていう別の側面を合わせた瞬間に目的自体が多様に見えてくる。
目的が多様に見えるとどうなるかって言うと、関わりたいと思う人たちが増える
んです。
 
これは最初にgrafでやろうとしたこととほぼ似ていて、健康側面で気にかけているサラリーマンが突然ネット販売でその地域のお醤油を買うようになるっていう入り方もできるじゃないですか。その食材が生まれる土地を見に行きたいと思ったらツーリズムが開発されていく。目的が多様になるっていうのはそういう意味です。」

― もう一つ、具体的な事例について教えてください。

―具体事例2
▷MUSUBU SHIGA

服部さん「4年前、滋賀県のブランディングで『MUSUBU SHIGA』というプロジェクトをやらせていただきました。」

服部さん「琵琶湖、鮒寿司、ひこにゃん…、県外の人たちの滋賀県のイメージはこんな感じではないでしょうか。県外の人でもだいたいの観光地と呼ばれるようなところは行かずとも写真のイメージが頭の中で定着しているものです。

 
技術の向上で写真の解像度が上がれば上がるほど細かいところまでよく見えるようになって、脳内にも深く定着します。どういうことかと言うと、写真の解像度が高いと対象物が立体的に見えて、もうその場所は『行かなくてもいい場所』に変わっちゃうんですよ。
 
なので最近はきれいな写真を見て満足してしまうので、「美しい風景」が見たいから、という理由で観光する人が少なくなっていると考えています。
ということは、改めて定着した裏側にあるものや今までになかったイメージを伝えていかないといけない。それがアウターブランディングにつながっていくわけです。

そこで、新たな観光地を見つけることや、みんなに滋賀県の新しいイメージを伝えるために「滋賀のくらし」にフォーカスして調査をする。そしてその調査記録を発信することをブランディングの手法にしました。

まず、ランドスケープ、ツーリズム、地域産業、クラフト、食など、新たなカテゴリーを組み立てて滋賀県を見ていきます。
そして、単純にカテゴリーだけ調査するのではなくて、カテゴリーに適した、滋賀県にまったく関係のなかった県外の人を呼んできてその人と一緒にカテゴリーごとに滋賀県を回っていくんです。
 
そうすると、そのカテゴリーの専門家たちは「ここではこうやけどここではこんなことになってる」みたいな話になったり、逆に「○○県のあそこをヒントにした方がいいよ」みたいなアドバイスも滋賀県で働く人たちに伝えることができたりという風に、双方間に見つけ出してくれることと、アドバイスをもらえるっていう情報共有の仕方も組み立てようと思ってやったんですよ。
 
そういう人たちと一緒に滋賀県を取材して巡りながら、映像にしたり記事にしたり東京で発信したりっていうプロジェクトでした。やっぱり専門家に入ってもらったこともあり、滋賀県で出会った人たちとその専門家があとで仕事につなげてくれて、「今や信楽の◯◯くんは東京でデビューした」とか「佃煮屋さんの◯◯さんは百貨店でデビューすることになった」みたいな風に各専門家の目線がそのブランディングに大きく影響していったんです。
だから二重三重のレイヤーで仕組みを組み立てて発信するというやり方をしたのが「MUSUBU SHIGA」です。

滋賀の魅力を体感してもらう展覧会を東京で開催

― MUSUBU SHIGAを経て、成果を実感されることはありますか?

MUSUBU SHIGAによって、県の若手が、カテゴリーごとに出会った人たちとみんなつながったんですよ。むしろ今までエリアでしか人がつながっていなかったので対岸の人のことを全然知らないっていう状況でした。それがクラフトっていう切り口にした瞬間に、AとBのクラフトマンが出会って一緒に展示会をしたり、長野のクラフトフェアに一緒に参加したりみたいなことにつながっていってるんですね。
 
だから『MUSUBU SHIGA』っていうタイトルは、言葉通りその県民同士を結ぶプロジェクトでした。

― ものづくりから始まって現在の広い範囲にわたるお仕事に至るまでのスピードが早いですね。大事にされていることはありますか?

服部さん「いやでも、僕らも今年で21年目なのでおじちゃんですよ(笑)
でもいい時代やったなって思うのが、ちょうど『グローバルスタンダード』から『ローカルスタンダード』に変わってきたわけですよ。バブルが崩壊して20年ぐらいの内にこういうことになってきてくれたので、これは楽しいなと思っていて。
 
僕は、ローカルで課題を解決した手法や視点が、地球の裏側で同じような問題を抱えているところでも解決させることができるのでは、と信じています。
 
『日本のとある地域ではこんな事例でしたと、もちろん風土も風習も違うからやり方は違うかもしれないけど、でもこういう組み立てだったらいけるかもね!』みたいなことをブラジルで言ってくれたらうれしいじゃないですか。それが僕の夢なんです。
また俯瞰することはすごく大事だと思っているので目の前の問題じゃなくてとなりの問題が目の前の問題を解決する可能性もあるという風にリサーチの幅を広げて俯瞰していく作業はよくやります。
 
年がいったから余計に俯瞰能力は上がっていると思いますが、学生たちにも『俯瞰するジャンプ力を今持とう』って言っています。
社会が見えてこないとやっている意味すらわからないし、どこへ導いてるのかすらもわからなくなっていくので、俯瞰することはすごく大事かなと。」

4. 「grafのリノベーション」
▷不便さの中から生まれるアイデア

― 服部さんご自身の暮らし方やお住まいへの考え方やこだわりについて教えてください。

僕は不便な方がいい、すべてにおいてそう思っています。
いろんな暮らし方からおもしろさが出てくると思っているので、事足りないことをどうデザインしていくかという。
めっちゃ不便な家をつくるわけじゃないですけど(笑)便利すぎない家をつくる。

築100年の木造古民家をリノベーション(内装設計:森田寿起 graf)

僕が住宅設計をやる時はいつも『100の質問』というものをお施主さんに投げるんですよ。100の質問ってどんなんかって言うと、「朝コーヒー飲みますか?紅茶ですか?」「新聞読みますか?」といった質問がずーっと続いていて「夜中にデザート食べますか?」っていう質問で終わるんですね。
「これ、速攻で答えてくださいね」と言ってYES・NOでぶわーっと書いてもらうんです。
 
ご夫婦両方に渡して2人からの答えをもらうんですね。
ここからどんなことを読み解こうとしているかと言うと、紅茶を飲む人は朝の時間にゆとりがある人なんですよ。コーヒー飲む人ってわりと時間がなくてサクッと出ていくので、そうするとダイニングテーブルのサイズ、ダイニングの空間性をどういう風につくればいいのかが見えてきます。
最後の、デザートを食べる人は確実に晩ごはんを食べた後にリビングに移動するっていう習慣を持っているので、リビングサイズを大きくするとか豊かにつくるっていうことを考えます。
 
だから人の1日の動き方をどういう風に読み解いてその場で立体的に理解するかがすごく大事だと思っているので、設計する時はいつも人の時間の使い方を読み解いていきます。その人が動いている姿が想像できるように質問を組み立てるってことをやるんですね。
そうすると、嫁さんと旦那が違った時間過ごしていることが見えてきたりするので、それを重ねていくと空間っていうものが生まれるんですよ。そういうやり方をとっています。
 
自分もそうですけど、1週間の内に長くいる場所に余白がないと、毎日は立ち寄らないけど月に3回は立ち寄る空間を用意するとか、そんなことは考えますね。機能的につくろうと思うと余白は絶対に消えていくんですけどそうじゃない方法で余白を生み出すっていう。」

築35年のマンションをフルリノベーション(内装設計:千葉禎 graf)

― 個人の住宅でリノベーションでもそういう流れですか?

そうですね。もちろんスケルトンにすると不便さは出てくるので、逆に小割りにしないやり方も、リノベーションの場合よくやる手法ですね。
僕も結婚前に超広い、ベッドルームもリビングもダイニングも全部同じ空間にあるっていうワンルームに暮らしていたことがあって。最終的に嫁と暮らすようになって「ちょっとこれオープンすぎひん?」って言われて(笑)「たしかにそうやな」ってなって。じゃあ天蓋ベッドのように薄い生地でベッドだけ囲うってことで、めっちゃおもしろい空間になるんですよね。友達が来たら布を閉めた状態で中に照明をつけたら天蓋ベッドが間接照明に変わる。
 
そういう不便さの中から生まれるおもしろいデザイン、アイデアのある暮らし方をどういう風に用意するのか、アイデアが生み出されやすい環境づくりってどんなのかをずっと考えています。

5.「デザインとは、愛」― これからの仕事
▷デザインのやれることって、もっとある。

― 5年後、10年後先のことは考えていらっしゃるんですか?

もちろん!
最近だったら2050年のことを考えています。人口1億人の時代ですね。
その時僕は生きてないかもしれないですけど、でも言ったって30年後ですからね?
人口減少時代を明るくとらえて、暮らし方やコミュニティや集合住宅のあり方などその時代にどうあるべきか、各方面の人たちと議論しています。その辺りはまちのレイアウトのデザインにすごく影響すると思うので、その辺の仕事もやれたらと思っているところです。
 
3・11以降にスマートグリッドやオフグリッドといったエネルギーを中心にしたまちのレイアウトっていうのが出てきてはいたんだけど、もうちょっと人口減少したときに人の年齢によって代用していかなきゃいけない役割っていうのがきっとあるはずで。
単純に高齢化したから交代ではなく、むしろ高齢者が働ける環境をつくっていくシーンが必要だと思って。自分も高齢者になるからね。100歳時代って言われているけどほんまに生きていきそうですよ、我々、100歳まで。生かされるっていうか(笑)

― 社会の課題に対して解決しようという思いを強く持ってらっしゃると感じました。昔から課題解決について考えていらっしゃるのでしょうか?

服部さん「いや、なんかいろいろですね〜。
ブランディングをやりだして、ものづくりだけではなくてその地域に行くことが増えました。すると生産する風景や工場が動いてる煙ってその土地の景色だったはずなんですけど、その景色がどんどん消えていきますよね。
 
そういうのを目の当たりにしていると、つくることだけじゃ景色を守ることができないんだっていうのがわかってきて。
そう考えたら、もっと全部を網羅しなきゃいけないなと思ったんです。
デザインのやれることって、もっとあると。

今まで僕がやってきたこともデザインだと思っているし、アウトプットも、流通もデザインだと思っているんですけど、自分が考えているデザインをもっと隅々まで使いたいと考えているんですよ。
 
リノベーションだって、随分前から中古物件や中古マンションのストックがあふれるってわかっていたことですよね。
新しく建つマンションに関しては新素材は使われるけど新素材はチープな素材って言ってもいいと思っているので、チープな素材は長続きしないから、それよりも古い建物が価値を持つわけじゃないですか。
 
だから『アンティークをつくるデザインをする』っていうことにたぶんまたなっていくんでしょうね。それがストックを活かすってことなんだと思うんですけど。
これも社会課題ですからね。」

服部さん「最近『服部さんが20年前にやりたかったことってこれですよね』って言われたことがあって非常にうれしかったんです。
 
最近、マイノリティ(少数派)がどんどん社会に出て認知されるようになってから、マジョリティ(多数派)の中にあった経済構造が崩れていくんじゃないかと考えています。
それによって、お金という価値自体が新たな意味を持ち出すのではと。
 
つまり、かつてはサブカルとかアングラとかいろいろ言われていましたが、マイノリティの数がどんどん増えていってマジョリティを抜くと思います。
比率が変わっていくとどうなるかと言うと、今まではマジョリティに合わせた経済構造になっていたので価値は多数決で決定されていましたが、マジョリティが減っていくとお金の価値が一気に逆転する可能性が出てくるんですよ。
 
10年経ったらわかんないですよ、これ。ほんまに起こるかもしれない。

― 価値が逆転するというのは?

お金が価値になる部分ももちろんあるんですけど、人によって価値観は違うじゃないですか。あなたにとっての200円と僕にとっての2000円、価値が全然違う。逆もあります。
例えば、もの1個見た時に、「これ2000円の価値あるよね」って言う人と「200円の価値しかないよ」って言う人、それがもっとはっきりしてくる状態が現れます。

― 最後に、服部さんにとってデザインとはなんでしょうか?

「デザインは、愛」ですよ(笑)
「デザインは愛」っていうのが、随分若い時に先輩デザイナーの方々に伺ったんですよね。昔は、もっと哲学的な表現あるだろうに!と思っていたんだけど(笑)今まさに愛だと感じるようになっています。
 
なんでかと言うと、僕は本でも受け入れるところからすべては始まると書きました。

「ようこそ ようこそ はじまりのデザイン/graf」2013年発行

奉仕の精神ではないんですけど、リサーチするのは相手を知ることを考えるわけなので、すべてを理解するところからしかはじまらないと思っています。
なのでどれだけスポンジのような精神力でいられるかがすごく大事でこれをやり続ければ80歳になってもデザイナーとしてやっていけるんちゃうかと(笑)
 
そういう意味でも『愛』ってまず相手に対する理解があるなと思っています。
まぁ、恥ずかしいので愛以外になんかおもしろい言い方ないんかなと思いますけど(笑)」

この研究科
の講義・研究テーマ一覧

  

このレポートのタグ一覧

  • #ブランディング
  • #地方創生
  • #リノベーション
  • #デザイン
  • #コンセプトリサーチ
  •   
          
    •     
    •   
    ページトップ
    閉じる