• 会員登録会員登録
  • ログインログイン
  • MENU
  • Twitter
  • facebook
  • Instagram
RENOMACHI CO-LABO
MENU

Theme. 03
「暮らしを編集」
前編~「暮らしを編集する」について~
講師:石井健[ブルースタジオ]

不動産ゼミナール不動産ゼミナール

住宅や建築の専門家、アナリスト、住宅販売のプロなどを
特別講師に迎え、まちづくりやリノベーションの”イマ”を研究。

特別講義

Theme. 03
「暮らしを編集」
前編~「暮らしを編集する」について~
講師:石井健[ブルースタジオ]

特別講師:石井健 (Takeshi ISHII) / 「ブルースタジオ」執行役員
1969年、福岡県生まれ。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。日本のリノベーション・シーンを創成期から牽引。「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)でも「古い物件の家賃を倍にする不動産集団!」として紹介される。「丘の上の大きな家 [HOWS Renovation 横浜荏田北の家]」(2018年)、設備ユニット「LIFE CORE](2018年)をふくめ、4回グッドデザイン賞を受賞。著書に『リノベーションでかなえる、自分らしい暮らしとインテリア LIFE in TOKYO』(監修)。

今回は株式会社ブルースタジオ(http://www.bluestudio.jp/)の事務所に伺いました。


【ブルースタジオとは?】
ブルースタジオはデザイン会社として1998年に創立し、リノベーション業界のパイオニアであり続ける一級建築設計事務所。日本におけるリノベーションの黎明期より活動し、これまでに1800以上のプロジェクトを手がけてきた。
「物件から物語へ」を使命に掲げ、建築デザインを起点とするクリエイティブ・ディレクションを通して、驚きや美しさ、実用性と持続性を兼ね備えたひとつの「物語」へと編み上げていく。

ブルースタジオの大きな魅力は、「暮らしを編集」することで理想にぴったり合う住まいをつくれること。ということで、「暮らしを編集」するというのは一体どういうことなのか?じっくりお話を伺ってきました。
 
前編では「暮らしを編集する」ことについて
後編では「ブルースタジオの暮らしの編集術」の具体例をご紹介します。


特別講義 Index(前編)
1. 暮らしを編集するということ
2. コンセプトを決める重要性

今回の記事は、こんな人にオススメです。
・毎日の暮らしをよりよくしたい
・中古物件を買って、リノベーションをやってみたい
・時代の変化を客観的に知りたい

1. 暮らしを編集するということ

― 早速ですが「暮らしを編集する」とはどういうことでしょうか。

▷背景
かつて家を買うには様々なアプローチがあったと思います。
ですが、日本の場合、住宅取得の選択肢がたくさんあるようで、圧倒的多数の人たちが分譲型の新物件、戸建てであれば建売、マンションであれば分譲マンションを選択し、なんとなくレールに乗って家を選んでいくようなイメージがあったと思います。
 
ここ20年ぐらいで住宅の選択肢や暮らしに対する意識がだいぶんと変わってきていると思いますが、私たちが「暮らしを編集する」と使い始めたのは、”中古住宅を買ってリノベーションすること”を世に発信し始めたころです。
 
日本の不動産事情は変わっていて、住宅は新築の状態が最も値段が高く、30年ぐらいかけてどんどん値段が落ちていきます。特に初めの7年は下落が激しい。なんとなく私たちはそれが当たり前だと思っていますが、世界的には非常にめずらしい現象です。
なので、欧米人にそういう話をすると、みんな驚きます。「なんで?」「値段が下がる家なんか誰も買うわけない」という認識ですね。アメリカは家を買うということは、自分たちの暮らしを良くすると同時に投資や資産の保持というような意識がとても強いのです。

▷住まいのニーズ
住まいを選ぶ時は、買う・借りるに限らず
・自分が住み慣れた場所である
・駅から近い
・子育ての環境がいい など
 
そして建物に対して
・地震に強い
・マンションの場合、管理状態がいい
・ペットを飼いたい など
 
また、形として
・こんな間取りがいい
・こんなデザインがいい などいろいろな要素があると思います。
 
ですが、多くの条件に対して、みなさんが求めていることは似ていますよね。
例えば、都市部で公共機関を使っている人は当然駅に近い方がいいです。
そして震災、台風など災害に対する意識はここ10年でずいぶん変わりました。阪神大震災があって、東北大震災があって、熊本地震があって・・・災害に弱い場所に住みたい人はいないわけですよ。
 
ただし、そうやって何でもかんでもいいよねって選んでいくと物件の値段はどんどん上がっていきます。

▷中古物件を選ぶこと
その中で中古物件を選ぶとはどういうことかと言うと、優先順位をある程度自分自身で取捨選択できることです。
例えば、当然古いと壊れやすい、新しいと壊れにくいなどありますが、そのリスクを知った上で、例えば都市部のヴィンテージマンションに住むことを選択するけれど地震に関しては一定のリスクを背負うこともありますし、子育て環境がいいところを選ぶために駅からの距離を少し遠くするなど、自分で選択できます。
 
つまり、まち選びから始めてたくさんの物件がある中で、自分の限られたバジェット(=予算)で、「暮らしを編集する」=「自分の”予算”を編集する」ということになります。
 
▷日本の住み替え率の低さ
昔から「終の棲家」というような概念がありますが、次々住み替えていく発想もあっていいと思います。物件の値段の降下は日本だけという話をしましたが、住み替え率も日本は先進国の中で非常に低いのです。
 
例えば、欧米では大学生が内定をもらったらその足でふらっとマンションを買いに行くこともあるそうです。その裏にはストックの活用が当たり前だということがわかります。
 
また、ヨーロッパでは都市計画上、勝手に建物がつくれないので古いところに住むことが当たり前なまちが多く、住み替えがごく普通のことなんです。

▷自分の暮らしを編集するということ
そういう中で、自分の暮らしを編集するということは、自分の日常生活、オン・オフ、キャリア、家族との関係性など、「自分にとって大事なことは何か」を予算を含めて改めて組み立てていくことです。
 
当然100%を満たす物件はなかなか出てこないですが、自分にとって大事なことを考え直すことで、家というものが含んでいる不動産的な側面、金融的な側面、理想の間取り、デザインを整理して、自分の家をつくっていくことになります。
 
つまり、「自分の予算に合わせて暮らし方を選ぶこと」→「中古物件を買ってリノベーションすること」→「暮らしを編集すること」につながっていきます。

▷中古物件と新築分譲の違い
以前に比べてリノベーションの認知度が上がってきて多くの一次住宅取得層の方が中古物件のリノベーションを選択肢のひとつとして考えていらっしゃいます。
しかし中古と新築を選ぶ中で、市場が求めている住まいと新築分譲住宅における事業者が供給する住まいは意外と差があります。つまりニーズが噛み合っていないんですね。
 
すると、分譲住宅を売り込まれる時にとる選択と、自分自身で住まいを考えて作り上げるときに取る選択は、違った判断になることもあります。
 
わかりやすく言うと、建売の分譲住宅は一般の人たちに悩まずに早く買ってもらいたいとなりがちです。それが一概に悪いことではないですが、その場合判断基準がどこに魅力があるかよりも、「どこにネガティブがないか」になってしまいます。
 
そうすると、新築分譲の場合、例えば「この立地だと◯LDK」というように標準的なテンプレートがあって、それに伴って「収納率が◯%」「キッチンの長さがこのぐらい」「リビングにはソファを置いてテレビを置いて」・・・と型にはまってしまいます。
 
その他にも例えば
・寝室は4.5帖以上ないといけない
・3LDKだったら4.5帖と5帖と5.5帖の3部屋
・収納は1間ずつ
といった分譲住宅を売るためのセオリーのような条件がいろいろあって、それにとらわれてしまうんですね。

ブルースタジオ提供

一方で、中古リノベの場合、自分はどんな暮らしがしたいんだろうと考えていくと、「3LDK」を中古で買って「1LDK+S」に間取り変更される方がとても多いです。
 
しかも、寝室は寝るだけだからベッドが入ればよくて最小限の広さでということで、2,3帖でOK。しかもみんな同じ時間に寝るから完全な個室じゃなくてもいいと。
その代わりクローゼットは4.5帖欲しい、広い玄関が欲しい、土間を生活空間にしたい、という自由な発想が出てきます。

ブルースタジオ提供

脱衣所もかつては他人に見られずに服を脱ぐ場所という機能だけだったのが、生活の一部として気持ちよく使いたい、LDKは広い場所で家族みんなのコミュニケーションの場として充実させたいということがよく言われています。

ブルースタジオ提供

また、最近はワークスペースをつくる人たちが多いです。
いわゆる昔の書斎みたいなお父さんの聖域っていうことではないですが、リビングの片隅や廊下の一部がワークスペースになっていて、廊下が単にA地点からB地点に行くためのツールではなく、そこにイスを置けば廊下も部屋になる!
というように、みなさんが持っているクリエイティブな側面が溢れ出してきたというのが、昨今のリノベーション人気の1つの理由だと思っています。

ワークスペース / ブルースタジオ提供

といったような傾向があるのが非常におもしろい結果です。
つまり、新築分譲の場合は型にはまってしまい自由な発想を取り入れにくいですが、中古リノベーションの場合、型にはまらず自由な発想ができるということです。

ブルースタジオ提供

▷マンションリノベ
マンションリノベーションの特徴は、全てがフラットなので空中に平屋をつくるように自由に空間を使えるのと、1cm刻みで壁の寸法が決められるのでこの家具が入ればOK・私が通り抜けられたらOK、という細かな操作ができ、一見制約が多いようで実は空間の可変性が高いのです。
 
そういうところで一般の人たちがいろいろな制約に縛られることなくリノベーションできることが、マンションリノベーションが都市部で拡大していった1つの理由だと思います。
 
▷生活スタイルの変化
特に現代の日本人は生活スタイルの変化のスピードが速いですよね。
今は共働き夫婦が増えていて、例えば朝、子どもたちのお弁当を作りながら朝食を食べさせて自分も仕事に行く準備をして・・・と猛烈に忙しい状態をどうしたらテキパキこなせるか?というように、数十年前とは生活スタイルが大きく変わってきていますよね。
 
そういう意味で、今までは「出来上がった家に合わせて暮らす」ことが強いられてきました。
 
ですが現代社会においては、「自分の暮らしに合わせて家をつくる」ことが受け入れられてきていて、それを自分の決められたバジェットの中でどんなまちに住みたいか、どんな暮らしをしたいかを含めて、プロと一緒に考えて自分だけの暮らしをつくっていくことが「暮らしを編集する」ことにつながり、その先にリノベーションという行為があるのかなと思います。

リノベーション住宅のイメージ / ブルースタジオ提供

― もともとリノベーションは、例えばインテリアや自分のライフスタイルに対してこだわりがある人がやるイメージがあったと思うのですが、そのあたりも実際お客様と接されていて変化してきていますか?

私たちがリノベーション事業を始めた20年ぐらい前からすごく変化してきていますね。海外旅行の経験やインターネットの普及で価値観の多様化が広がっていったことが大きな理由だと考えています。
 
当時はまだリノベーションのお客さんも少なかったわけですが、海外で暮らしたことがある方、外資系企業、クリエイティブ関係、メディア系、デザイナーなどが多かったですね。
 
それから20年ぐらい経って、中古物件という選択肢が都市部に住む一般の人たちにも当たり前になってきています。昔だったら考えられないことでしたが、首都圏・近畿圏では中古マンションの取引件数が新築を上回っているという調査結果もあります。
 
▷DIYやシェアの普及
また、DIYが若い人たちの中で浸透しています。また、今の20代の人たちにとってシェアエコノミーの概念は当たり前ですよね。お金を節約したいということだけではなく、より楽しくより賢い選択をすることがみなさんの日常の暮らし方の中で普通のことになってきています。
 
そして最近SNSの投稿サイトで一般ユーザーが「キッチンをこういう風にしたよ」「◯◯をつくったよ」と投稿したり、メディアの中でもBEAMSやACTUSが出している自分たちの社員の暮らしを書籍化するようなことがごく普通に受け入れられる中で、先端的な人たちだけがリノベーションを行っているわけではないことがわかります。SNSやPinterestの画像が当たり前のように閲覧できるので、それも相まっておしゃれに暮らすことが難しくなくなってきていますね。

― ここ数年でリノベーションの間口が広がってハードルが下がったということですね。

はい、確実にあると思います。
それは家具の世界でも起きていて、ニトリがちょっとおしゃれ路線に、そして通販だけではなくて比較的みんながショッピングを楽しむ街で店舗を展開して非常にうまくいっていることは、マス(多くの人から支持されることやもの)の考え方が変わってきているということですよね。
住宅に限ったことではないですが、マスが今どんどんなくなって、大きなニッチが増えています。
 
なので、20年前は「何故かみんな中目黒」を選ぶ傾向があったのが、今はどちらかと言うと家族との関係性や子育て環境を重視して広範囲から選んだり、家族の優先順位が高まって、同居や近居も増えています。
 
一昔前は先進的な人たちが「個性のない住宅には住みたくない」「既成の間取りに合わせて暮らすのは嫌だ」が起点になっていたのが、今では暮らしの編集といった自分の生活全般について考えて、中古物件を選択する例が増えていると感じています。

ブルースタジオ提供

2. コンセプトを決める重要性

― ブルースタジオさんがリノベーションを進められている中で特に大事にしていらっしゃることはなんでしょうか。

いろいろありますが、家づくりってなんだろうって考える時にお話したいのが「暮らし方から考える」ということですね。
もちろんバスルームのデザインに拘りたい、このフローリングを張りたい、なども楽しみのひとつです。
でもやはり、暮らし方から考えていくということが重要ですね。
 
つまり、「モノ」ではなく「コト」から考えていくことを大事にしています。

ブルースタジオ提供

だから「オープンキッチンが欲しい」と言う前に「料理ってあなたにとって何?」「ベッドルームは◯帖がいい」と言う前に「眠るってどういうこと?」、「自分にとってのプライベートな空間がどういうもので、それが必要か必要じゃないのか?」、ということを対話しながら家づくりを進めていきます。
 
それを通していまだかつて見たことがない暮らしをお客さんと一緒につくっていくことをいつも目指していますね。

― 根本のことから話を聞き出して一緒に考えていくって手間も時間もかかることですよね。

そうですね。でも、それは必要な過程であって無駄に大変なこと、というわけではありません。悩みすぎないためのきっかけを掴むメソッドみたいなものもあります。
 
よく「ブルースタジオさんに来るお客さんってみんなおしゃれなんでしょ?」と言われます。確かにすごい人もいます。特定の素材や機器の知識が僕たちより豊富だったり、中には私たちが出る幕ないじゃんみたいな人も(笑)一方で「どうしていいかわかりません」という人たちもたくさんいらっしゃいます。そういう方も、ちょっと心のカギを開けてあげることで、最初の一歩を踏み出せると、どんどん歩いていけます。

ブルースタジオ提供

例えば、好きなものやことをいろいろ挙げていただいて、そこから連想して空間のイメージを広げていきます。さらに手入れの具合や素材など、少しずつ必要な要素も膨らませていくことによって、家が完成していくわけです。

― 家づくりの際にコンセプトを決めていらっしゃるとのことですが、その理由はなんでしょうか。

たいそうなコンセプトをつくることが目的ではなく、その人が思い描いている暮らしの価値観を共有することが重要なんです。
言葉や写真などでお互いの価値観や欲しているものを共有し、それをコンセプトにまとめて、迷った時にはそこに戻ってこられるようにしています。
難解なコンセプトの方もいればすごくシンプルな方もいますが、目的は同じです。
家づくりを進めていくと予算の兼ね合いがある中でいろんなことをしたくなるし、性能なども考え出すとどんどん迷子になっていくものです。
その時に「一番大切なことって何だっけ?」とコンセプトに戻ってくるんですね。
なのでコンセプトを最初に決めていくことが重要なのです。

前編は以上です!
次回は、ブルースタジオさんのリノベーションの具体例についてお話を伺っていきます。
石井さま、ありがとうございました!
 
>> 後編「ブルースタジオの暮らしの編集術」

この研究科
の講義・研究テーマ一覧

  

このレポートのタグ一覧

  • #ブルースタジオ
  • #リノベーション
  • #暮らしの編集
  • #DIY
  •   
          
    •     
    •   
    ページトップ
    閉じる